ま行|不動産用語集|東京、名古屋の賃貸・販売物件のことならアーク証券へ

東京、名古屋の賃貸・販売物件はアーク証券へお任せ下さい

home > 不動産用語集
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 英数字
「ま行」から始まる用語一覧
マイホーム新築融資
マイホーム新築融資とは、住宅を新築する場合に利用できる、住宅金融公庫が行う住宅ローン。
融資は最高で8割まで可能で、金利は固定金利で、返済期間は最長35年となっている。しかし、この融資は住宅を新築する場合の全てが対象にはならない。この融資の対象となる建物には、「一戸当たりの住宅部分の床面積が80平方メートル以上280平方メートル以下の住宅」、「敷地面積が100平方メートル以上のもの」などの条件をクリアーした物件に限られる。
マンション
マンションとは、3階建て以上の、中高層集合住宅のこと。
鉄筋コンクリートか鉄骨鉄筋コンクリート造で、アパート等に比べて耐震性や保温効果性に優れているとされている。
アパートとマンションの違いは、アパートは、2階建て以下の集合住宅で、木造または軽量鉄骨造で施工されている。それに対しマンションは3階建て以上の中高層集合住宅で、鉄筋コンクリート造か鉄骨鉄筋コンクリート造で施工されている。
マンション管理会社
マンション管理会社とは、分譲マンションなどの集合住宅で、住人で組織される管理組合から委託されて、マンションの管理業務を代行する会社。主に管理費・修繕積立金の管理、住人同士のトラブルの仲裁、共用スペースの管理を委託されるが、その内容は組合によって異なる。
理会社との契約の際には、管理業務主任者(国家資格)が、契約内容の説明を行い、その後も管理業務の処理状況のチェック、および組合へのチェック報告などの業務を負う。マンション管理業者は、原則としてその事務所にひとりの管理業務主任者を置く必要がある。
マンション管理士
マンション管理士とは、「マンション管理適正化推進法」に基づき、マンションの良好な住環境を確保することを目的とした国家資格。専門家として、居住者間のトラブルを未然に防いだり、トラブルに対しアドバイスを行う。
マンション購入融資
マンション購入融資とは、住宅金融公庫のマンション購入者向けの住宅ローン商品のこで、公庫融資とも呼ばれている。融資は最高で8割まで可能で、金利は固定金利で、返済期間は最長35年となっている。しかし、マンション購入融資は、住宅金融公庫の商品である「マイホーム新築融資」同様、融資を受けるには条件が設定されている。その条件とは、「住宅部分の延べ面積が原則として1棟で1000平方メートル以上」、「耐火構造又は準耐火構造(1時間耐火性能を有するものに限る)で、原則として地上階数5階以上」、「住宅の専有面積が50平方メートル以上280平方メートル以下」などである。
マンション投資
マンション投資とは、マンションを購入し、自らは居住せず、他人に部屋を賃貸することで収益を得ることで、個人投資家向けに販売されているワンルームマンションも多く存在する。マンションをローンで購入したとしても、月々の家賃収入でローンを支払い、ローン完済後にマンションを売却して利益を得ることができる。
メゾネット
メゾネットとは、3階立て以上の集合住宅で、上下2フロアを1住戸として使用出来る住居のこと。(メゾネット=フランス語で「小さな家」の意味)
ちなみに、2階建てのアパートで、上下2フロアを1住戸として使用する住居のことを、タウンハウス、またはテラスハウスと言う。
メゾネットも、タウンハウスも部屋の中に階段を設けなくてはならないため、床面積が狭くなってしまう欠点がある。
免震構造
揺れを小さくする効果のある免震装置を建築物に設置し、地震の影響を通常の3分の1~5分の1程度にやわらげる構造のこと。水平に柔らかく動くバネの原理で地震の揺れを建物に伝えにくくする積層ゴムや、振動エネルギーを吸収するダンパー(振れ止め)を基礎と建物の間に設置するタイプが多い。建物の中層階に設置するタイプもある。以前は中高層建築物に多かったが、最近は超高層マンションや一戸建て用の装置も開発されている。