な行|不動産用語集|東京、名古屋の賃貸・販売物件のことならアーク証券へ

東京、名古屋の賃貸・販売物件はアーク証券へお任せ下さい

home > 不動産用語集
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 英数字
「な行」から始まる用語一覧
内法面積
内法面積とは、建物の床面積を測定する際に壁の厚みを考慮せず、壁の内側の部分の面積だけを「床面積」とする考え方のこと。 部屋を真上から見下ろし、壁で囲まれた、その内側だけの面積を内法面積という。
不動産登記法では、その床面積を出すのには、二つの方法がある。分譲マンションなどの区分所有建物を登記する場合には、この内法の考え方で床面積を計算することとされている。 これ以外に、建物の床面積を測定する際に、壁の厚みの中心線を想定し、この中心線に囲まれた面積を「床面積」とする考え方のことを「壁心」という。 ちなみに建築基準法では、建築確認を申請する際には、建物の床面積はこの壁心の考え方で測定することとしている。
通常、マンションなどの広告やパンフレットに記載されているのは壁芯面積。
延床面積
延床面積とは、建物のすべてのフロアーの床面積の合計のこと。
建物の形態・規模制限の建ぺい率、高さの制限などとともに、建築物の形態を制限する数値で、延床面積が敷地面積に占める割合を容積率と言い、この容積率を算出するのに必要な数字である。